読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

Twitterはじめました

案内人のPONCHOです。 ホームページともリンクさせた Twitterはじめました。 ツアー・イベントの情報を早めに知りたい方、 フォローをお願い致します。 twitter.com

ホームページできました

案内人のPONCHOです。 ちょい山CLUBをはじめて1年。 このブログで今後の予定やレポートをまとめてきましたが、 今回、予約や問い合わせを簡単に行えるホームページを開設しました。 ただしこのブログは継続します。 今後の予定やレポート等も、ここで継続し…

名刺、間もなく完成です!

仕事の合間に 『ちょい山CLUB』の名刺を作成。 ちょい山CLUBでの 山旅が目指しているのは こんな雰囲気です。

読書 『感じるままに行きなさい』星野文紘著

案内人のPONCHOです。 今日、山ランへの行き帰りの電車内で 御年70歳の羽黒山伏さんの本を読了。 知り合いに、「志田さんは山伏みたい。この本、読んでそう思った」と言われ、 どんな部分でそう思うのかな? と気になって読んでみた。 修験は魂を強くするた…

只今グアムです

案内人PONCHO です。 アウトドア以外に、いわゆる旅の仕事もしてまして、とある旅行会社の冊子仕事でグアムに来ています。にわか雨の多いグアムでは空の定番、虹がとてもキレイです。

箱根・金時山の霜柱

昨日のちょい山CLUBのイベント・沼津アルプスのハイクは雨で中止。 そこで年末に登った金時山の霜柱の写真を掲載してみます。 なんとも寒そうですが、実際には風穏やか、雲からお日様が顔を出せば 暖かさをカラダ中で感じられるトレイルでした。 踏みしめて…

こんなバージョンも考えておりました!

1日遅れのご挨拶

@長野・白馬~2014年12月~

真白い雪街 奏でる雪道 気配を残す雪原 見つめる雪屋根 自由の雪森 佇む雪山 はじめての雪鏡 彩られた雪時間

トレーニング日誌~7日目~

昼から山の写真を使って 年賀状作成。 筆文字を写真上に配置するため 数十回と謹賀新年、迎春、HAPPY NEW YEAR等を書きまくる。 しかし納得いかず・・・ 明後日に、もう一度やり直し。 カラダはこの一ヶ月でもっとも重い。 でも走り出すと動く。 で、250メー…

@奥日光・刈込湖の冬

一度訪れたことがあっても 次はまったく違うこともあって 春も夏も秋も 朝も昼も夕も ひとりでも ふたりでも みんなとでも 自然はそれぞれに美しくて ボクのココロを いつでも躍らせたけれど 歩いてでしか行けない 山のなかの小さな湖の冬は 静けさを封じ込…

@奥多摩・日向沢ノ峰

名もなき木 ただならぬ気 山だけでなく 天とも交わした エネルギー こちら側 あちら側 ニンゲンの都合の先の 確かな存在

@奈良・大和葛城山

華やかな香りはない 艶やかな雰囲気もない ただ花も芽も開こうとしている間際 今この時 収まりきらないエネルギーが 山を満たし 山そのものがイキモノのように ぬくもりを帯びていた 春 ああ春 懐かしい春

@奥多摩・雲取山~飛龍山2

山はツラい ラクではないけれど そう言うヒトは 山に行かないヒトが多い 確かに山はツラい でもツラいこと以上に 全身で喜びを表現してしまう なにものにも変えられない 大切なジカンが 間違いなくある それは オトナになって 大切な仲間と 山に行くと わかる

@奥多摩・雲取山~飛龍山

唐松の路 冬枯れして陽光差し込み 前日に降った初雪を キラキラ溶かして輝いていた 山の上に真っ直ぐの路 街道のはじまりって こんな景色だったのかな? 時を越える一瞬が ここに見えた気分 ・

上級救命講習会修了しました!

こんばんは! 案内人のPONCHOです。 ボクは現在暮らしている千葉県市川市の消防団に所属しているのですが、 入団から1年余、ようやく若葉マークが取れたばかり。 消防全般に関しては、まだまだわからないことだらけで 活動の都度、勉強しているところです。 …