読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

ちょい山CLUBの【お買い物相談】とは?

お買い物相談

ちょい山CLUBの案内人PONCHO/志田です。

今回は、ツアー・イベント参加申し込みされた方をサポートするためにやりとりしている【お買い物相談】について、その内容がどんなものなのかお知らせします。

 

◆お買い物相談とは?

ちょい山CLUBのツアー・イベントは、

・山登りをほとんどしたことがないけれど、登ってみたい

・高尾山くらいしか登ったことがないけれど、もう少し高い山にも登ってみたい

・山でのヨガに興味がある!

といった山ビギナーさんを対象にしています。

 

そうした方に向けて、案内人 PONCHO/志田がお買い物相談にのるという特典が付いています。

 

・登山を始めたいけど、何から揃えたらいいのやら・・・

・今持っているシューズやリュックでも大丈夫?

・できるだけ安く、でも機能的でカワいくて、街でも着られるウエアが欲しいのだけれど・・・

そんな山ビギナーさんならではの、山ウエアや道具選びの迷い、不安解消のために、アウトドアや登山雑誌で執筆、スタリングしてきた経験を活かして、メールやFacebookメッセンジャーでやりとりしながらご相談に乗ってます。

 

今持っている装備を写メして送ってもらって使えそうかどうかを確認したり、

購入してきたウエアや道具の写メで、見た目だけでなく機能も考慮したコーディネートのアドバイスをしたり。

欲しいアイテムに合わせて、こんなウエアや道具がオススメですよという解説つきのリスト、相談者さんの自宅、仕事先付近のショップを紹介しています。

 

例えば、 ちょっとコアな質問にも、こんな感じでやりとりしています。

 

Q:今、持っているバックパックがちょっと重くて・・・とにかく軽いパックが欲しいです。でもお店ではビギナー向きではないし、トレランやるならいいけれど・・・と言われてしまいました。なにかオススメありませんでしょうか?

 

A: 下記のような必要最低限の機能だけを装備したULパック=ウルトラライト・パックと呼ばれるものがあります。

これまで紹介したバックパックと違って、

背面のパッド=クッションがなかったり、

ショルダーベルトも同様にパッドがない、または薄く、

さらにウエストベルトもない、 またはブレを防ぐ程度のもので

文字通りウルトラライト=超軽量に特化したもので、『 背負える袋』といった様子です。店員さんの仰る通り、ビギナー向きではないものが多いです。

 

そんな中で、ボクがこれまで背負ってみて、 デイハイク装備=水1~1.5リットル、行動食、お弁当、防寒着、着替え、タオル、+ストーブ等、約6~7㎏の荷物を入れてみても比較的快適に背負える機能を装備したバックパックとしてオススメできるものが、2つあります。

●山と道MINI ¥27,540 重量340g

yamatomichi.com

容量は25~30ℓです。ULハイカーのツワモノは、これで1週間近くのバックパッキングができてしまいます。

そのためには、道具の選択をはじめ、ハイカーとしての経験値を上げなければなりません。 また、ULパックは、ULハイカー用のバックパック、ファストパッキングという山を走ったりするためのものと思われていますが、この山と道MINIのように背面&ショルダーベルトのパッドが装備され、軽さだけでなく快適性を考慮したパックなら、ビギナーでも、ボクは使えると思います。

とはいえ最初は通常のバックパックを背負ってみて、それからULパックも使ってみるというのが基本の順番です。

でもバックパック自体を軽くすることで背負う荷物の総重量を減らし、しかもある程度の背負い心地のよさが確保されているバックパックを試してみたいと思うなら、この山と道MINIは、選択肢のひとつに入れてみてもよいかもしれません。

ビギナー&女性の体力の不足は、背負い心地の軽さではなく、背負う荷物の総重量の軽さで、補える部分は確かにあると思います。

 

 

●パーゴワークス/ラッシュ28 ¥18,360 重量550g

www.paagoworks.com

容量28ℓ。こちらは山と道よりも、トレイルランニングという登山道を走るアクティビティ&レースのイメージが強いのですが、ビギナーのデイハイクでも問題ないどころが、歩みの軽さをサポートしてくれるバックパックです。

荷物を背負って歩いている時のブレが少なく、とても安定した背負い心地です。

安定を生み出しているのは、幅が広く、肩から胸へぴったりと包み込むようなショルダーベルトです。

このベルトには500mlのペットボトルやスマホコンデジ等を収納できるポケットが、左右に備わっています。

ボクは他ブランドのショルダーベルトに大きなポケットを装備したパックを使用していますが、このポケットはボトルをパック本体サイドのポケットからよりもラクに取り出せ、取り出す際にバランスを崩すこともなく、手が変に曲がって痛みを感じることもなく、とても重宝します。

 

山と道MINI 、ラッシュ28ともに、太いウエストベルトを締めて、腰にも荷物の重さを分散させる多くの中~大型パックと違い、厚みがありカラダにフィットするショルダーベルトを締め込み、背中の上部=肩甲骨上にパックを乗せ、重さを背中~肩~胸に分散させて背負うパックです。

それって、いわゆるデイパックと同じなんじゃ・・・と思うかもしれません。カタチは似ていますが、背負い心地、安定した歩行感は、まるで違うものだと思います。

 

ただし、どちらも女性専用モデルではありません!

胸の大きな女性は、ショルダーベルトの機能を活かせないかもしれません。

カラダの小さな女性は、パックが大きく、よくフィットしないかもしれません。

その点は、ボクは確認できませんし、女性に確認してもらったことがないので、合うか合わないかは、ショップで試着して確認してみてください。

もしカラダに合えば、平均的な容量30ℓのパックの重さと比較して約1㎏~700gほど軽くできるこの2つのパックは、山をますます歩きたくなる気にさせてくれるはずです。

これってフツーの登山用バックパックとはなんか違う・・・

走るなんて絶対しない!・・・

なんて先入観を捨てて、試着だけでも是非!!

※取り扱いショップは各HPの「取扱店舗」から、お近くのショップを確認してください。

 

 

こんな感じです。

山のウエア&道具選びは、コスパの高いものを手に入れて使ってみて、自分の基準を作ってから、次のウエア&道具選びを行うのが、よい方法だと思っています。

またはじめての道具選びの回答をする際には、私がオススメしたものがBESTとは限らないので、自分で試着したり、店員さんにアドバイスしてもらって、他のモノをチョイスしても、なんの問題のないことをお伝えしています。

 

そして、いろいろ試着してみて、こんなの見つけたのだけれど! というウエア&道具についての相談にも乗っています。

 

とにかく、ウエアと道具に関することで、迷ったことがあれば、なんなりと!

という感じです。

そして参加者さんは女性がほとんどなので、わかる範囲、想像できる限りで、女性目線、女性だったらという視点で回答しています。

 

最後に、お買い物相談は、

参加をお知らせいただいた後のツアー料金振込を確認できた翌日からツアー開催前日までとなっております。

私の仕事の都合で、出張や締め切り間際のこともあり、すぐに返信できないない時期もあります。その際は、申し込み時にその旨お伝えします。

 

ちょい山CLUBのツアー・イベントの参加、

お買い物相談のご利用、お待ちしています!