『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

10年履いたトレッキングブーツを新調あれこれ

案内人のPONCHOです。

 

今回は ちょい山CLUBでヨガをリードするChikakoが

トレッキングブーツを新調した過程をまとめてみました。

 

新調の理由は奥多摩・奈良倉山のハイクの帰途、壊れたからです。

ブーツは10年程使用したメレルのもの。

MIDカットながら軽量、歩きやすい定番モデルでした。。

f:id:cyoiyamaclub:20161128230610j:plain

 

かなり傷みが出ていたので何度か買い替えを勧めていましたが、

初めて購入したトレッキングブーツということもあり、

いろいろな思い出が詰まったモノであり、

そのまま履き続けていました。

f:id:cyoiyamaclub:20161128230617j:plain

しかし、つま先だけでなく、ミッドソールにもかなり劣化が見られ、

やはりもっと強く買い替えを言うべきだったと反省しています。

 

壊れた箇所は、アウトソールの剥離です。

一般的にトレッキングブーツの寿命は、使用の頻度が少なくても

5年です。Chikakoのメレルは10年ものなので、

もうとっくに買い替え時期でした。

剥離の原因は接着材、ミッドソールの経年劣化です。

状態は以下の通り・・・。

f:id:cyoiyamaclub:20161128230623j:plain

この状態になっても、尚、接着剤で付ければ、まだ履ける、

いや履きたいと主張しておりましたが、

今度剥がれたときにケガをするかもしれないものを

使い続けることは容認できないと強く訴え、

ようやく新調することになりました。

 

皆さんも、どれだけ愛着があっても

明らかに壊れた訳ではないから大丈夫! などと思わず、

5年くらい経ったら積極的に買い替えを考えてください!

 

さて、ショップに行き、ブーツを見渡し、

試し履きしたのは

以下の2モデルです。

 

ザ・ノース・フェイスクレストンミッド GORE-TEX(レディース) ¥19,440 465g

lbreath.xebio-online.com

 Chikakoの足は細身で、カカトはかなり細く、浮いてしまうシューズが大半。

しかし比較的細身のこのクレストンは、履いてすぐに足首から足全体がしっかりと包まれている感じがあって、ブレが少ない。そしてとにかく軽い! とかなり好印象でした。

 

キャラバン/GK72 ¥18,576 570g

lbreath.xebio-online.com

3Eと幅が広いので、基本的にChikakoの足には合いにくいモデルだけれども、2万以下でソールしっかりめのブーツが訪れたショップではコレしかなかったので、試しに履いてもらった。全体的にブカブカだけれども、足首がしっかりホールドされている感じ、ソールもしっかりしていて、安心感がある。この感じはメレルにはなかった。

 

その言葉を聞いて接客していた店員さんが持ってきてくれたのが、

スカルパ/ミトスMF GTX ¥24,840 540g

lbreath.xebio-online.com

イタリアの登山靴メーカーの老舗であり名門。予算の2万円はオーバーしているけれど、細身のシルエット、シューレースを締め込んでいくときに緩まない細かな機能、そしてカカトがゆるい靴に慣れていたChikakoが

「カカトがしっかりホールドされていて、しっかりしているソールもキャラバン同様にいい感じ。軽さはノースの方がいいけれど、歩いてみて安心感があるのはコレ!」

ということで、予算オーバーだけれども、足に合っている靴に出合えることはそうそうないので、コレに決定!!

 

店員さんも仰ってましたが、

今回、私が試し履きに選んだザ・ノース・フェイスとキャラバンのブーツは

まったく違う性格のモデル。

軽さと自然な歩行感を知るザ・ノース・フェイス

しっかりめの歩行感を知るキャラバン

これまでメレルを履いていたので、

それに近いものと、それとは異なるものを履いてもらって、

メレルを基準にして、どう感じられるかを知って欲しかったから選んだもの。

でもキャラバンを履いたときのコトバを聞いて、

スカルパはどう? とはボクはならなかったので

よい店員さんに出会えてよかったです。

 

そして基準・・・大事です。

ヒトの基準、オススメではなくて、

自分の基準を知るのが一番です!

 

ボクは、ビギナーには低予算、だいたい2万円以下で

女性モデルなら片足500g以下の軽くて、ソールが固すぎない、防水透湿機能を持った、

ミッドカット以上のブーツをオススメしています。

これはボクの経験上、もっとも失敗が少ないから、オススメしています。

 

でも、ある程度、そうした軽くソフトなブーツを履いて山を歩いてみたら、

そのブーツを基準に、新たなブーツを探してみると、

きっと、もっと自分好みのブーツが見つかると思います。

それはちょっと高価かもしれませんが・・・。

f:id:cyoiyamaclub:20161128230600j:plain

 ちなみにChikakoは、

もし3足のトレッキングブーツを所有するならと考えると、

一番手はスカルパ、

二番手はザ・ノース・フェイスのような軽くて、でも足首のホールドのよいブーツ。

そしてもう1足はローカットでグリップのよいトレラン系のシューズ。

 その3足を、山や状況に応じて使い分けたいそうです。

 

この考え、なにかしらの基準ができたからだと思います。

 

皆さんも自分の基準を持って、

是非、2足目選びを楽しんでください! 

 

 

 

【募集中のツアー・イベント】

  

【お問い合わせ先】
HP
https://cyoiyamaclub.wixsite.com/cyoiyamaclub
 cyoiyama.club@gmail.com