『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2017年2月5日(日) 奥日光スノーシュー・ハイク・レポート

 雨予報は雪予報に変わり

束の間の青空に包まれて

 

いろは坂を上って

中禅寺湖まで来ると

あたりは雪景色に

 

戦場ヶ原まで来ると

すっかり雪深く・・・

いやでも例年に比べると少なめか・・・

 

ビジターセンターで

ツアー参加者のスノーシュー

レンタル

1台1日1000円。

 

まずは湯元の源泉の湿原から

硫黄臭がかなり濃い場所です。

返りにすぐ脇の宿の温泉に入ったのですが

翌日までカラダから硫黄の匂いがしているほど

濃い~温泉です。

 

金精道路から積雪シーズンしか入れないルートへ。

そして蓼ノ湖。

ボクらが進む対岸に団体さん。

この日、唯一すれ違ったヒトたち。

ココから4時間、誰とも会わず、

静かな雪山を楽しめました。

 

急な坂道を30分ほど登って

ようやくたどり着く小峠。

そこにある大きな岩。

今と夏ではまるで違う。

 

 

気温が少しずつ低くなり

雪も次第に深くなり

 

刈込湖に着くと

吹雪・・・

 

晴れていれば

こんな感じなんですが・・・

 

でも真っ白な風景も

それはそれで幻想的ではあり

 

同じ場所の夏の風景はこんな感じで

 

グリーン=夏

ホワイト=冬に吹雪いた日

そしてホワイト&ブルー=冬の晴れ

 

同じ場所でも

まったく違う風景があることを知る

いつでも同じではないことは

当たり前で

何度訪れても

その度に

ボクらは

その風景に

美しさを見て

無常と

はかなさに

ジブンと

この世界の本当を

知るんです

 

そして雪は

オトナになったボクらに

コドモのココロを

取り戻させてくれる

 

ランチはカップヌードル

山でのカップヌードル

街のそれとは

まったく違う美味しいを

提供してくれるのだけれど

雪山のカップヌードル

さらに美味い。

冷えて固くなってしまったおにぎりも

湯沸かしジェットボイルの上に載せた

クッカーに入れて温めれば

ホカホカに。

 

刈込湖に下りる急坂を

怖かったら尻で滑ってねと

話してから

下り坂があると滑り続けて

これがなかなか楽しくて

Instagram

 

積雪は1m以上。

スノーシューを履いていなかったら

ズボッと埋まって

身動き取れなくなるような場所も

スノーシューを履いていれば

楽しい遊び場。

雪がない季節よりも

目線は高く

木々の葉っぱも落ちているから

見晴らしもよくて

雪があるから

冷えは抑えられていて

森の中だから

風は遮られていて

例えれば

大きなカマクラのなかで

ボクらは遊んでいるのと同じ。

晴れていたら

いや晴れていなかった今回だって

登りは暑くて少し汗ばんでしまったほど。

 

雪山というと

雪崩とか極寒とか

コワい想像ばかりしてしまいがちだけれど

場所を選べば

季節を選べば

そんなことはないんです。

やってみれば

経験してみれば

 

ツアーは、また来年!!

 

 

 

【募集中のツアー・イベント】

  

【お問い合わせ先】
HP
https://cyoiyamaclub.wixsite.com/cyoiyamaclub
 cyoiyama.club@gmail.com