読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

~トレーニング日誌2017~その8

案内人のPONCHOです。

 

妻が長く通っていて、このちょい山CLUBに参加される方の多くも通っている、

代々木のヨガスタジオにて、アイアンガーヨガをボクも先週から習い始めました。

 

ココで教わること、実践していることは、

目的としているポーズに、どうやって合理的に

肉体的に無理のない入り方をして、そのポーズに至るか。

そのためにジブンのカラダのどこが、どう動くか、

またはどう動かないかを知る、意識する作業を繰り返します。

 

果たして先週の一回目は肩甲骨をカラダの前面に出す動き、

または寄せたり、上げたりする動きをしていたと思うのですが、

翌日は肩甲骨の内側に強いハリがでて、

さらに背筋や背中の中央部分にもハリ。

普段のトレーニングで、いかにカラダの後ろ側に刺激を与えていないかを実感。

 

昨日は股関節や骨盤の動き、

たぶんそれは腸腰筋の動きにもつながっていて、

昨年末から腸腰筋トレーニングはしていたので大丈夫かと思っていたけれど・・・

再び、軽い腰痛とハリ・・・。

スピードを出して動かすことと

時間を掛けてじっくりと動かし維持することとの

運動強度の違いを知りました。

 

さらにトレランや登山をやっているので

足指の掴むチカラはあるんじゃないかと思っていたけれども

たぶんチカラ自体はあるのだろうけれども

今のジブンのカラダをゆっくりと、じっくりと体重移動しながら

支える力は不足していることも知りました。

 

端的にいえば体幹トレーニングなのかもしれないけれど、

もっとカラダの使い方を意識するもの。

たぶんカラダがいろいろ歪んでいる上に

動きが雑なんだろうと感じました。

 

きちんと正確に動かすには

正確な動き入り方を繰り返して

脳みそに理解させる必要があるんじゃないかと。

 

さて再来週は今年初のトレラン・レース、

それまでにあと1回。

来月冒頭にもトレラン・レース、

プラス3回のレッスンあり。

 

これまで続けてきた瞬発系のトレーニングと

このアイアンガーヨガが組み合わさると

どんなことになるのか、ジブンのカラダに期待したい。

踏み出す足、それをどう動かし、

カラダをどう使うか?

 

ちなみに、ちょい山CLUBでCHIKAKOがリードする

タオヨガは、滑らかな円の動きが中心。

自分の内面だけでなく、

外側にある自然のエネルギーを

より感じやすいもので、

通常思い描くだろうヨガとまったく違います。

山のなかに、自然のなかにいることの、心地よさを

より高めてくれるものだと、ボクは感じています。

 

 

アイアンガーヨガもハタヨガもタオヨガも

そして山歩きも、トレイルランニングも、

なんでも、興味を持ってやってみること、大切です。

 

皆さんも是非!!!

 

 

【募集中のツアー・イベント】

  

【お問い合わせ先】
HP
https://cyoiyamaclub.wixsite.com/cyoiyamaclub
 cyoiyama.club@gmail.com