読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

沼津アルプスを想う

CHIKAKOの備忘録

ちょい山CLUBのヨガ担当 Chikakoです。

 

 

小学1年生の遠足で登った香貫山、
沼津の市街地に隣接していて、
標高たったの193mの小山。

中腹にある公園には五重塔があって、
お昼はここで食べた。

ひとしきり公園で遊んで、
また歩いて下った遠足は30年以上前のこと。

あの時のことは断片的にして覚えていないけど、
これが記憶している初めての山登りだったと思います。

 

 

香貫山から南にいくつもの山が連なり、
それらは沼津アルプスと呼ばれている。

10年ほど前、都合を合わせて母と二人で
一日一山のペースで何カ月もかけて登った時期があった。

結局全ての山をクリアできなかったけれど、
山から見る駿河湾、遠くの水平線伊豆半島
街や街の向こうの山をみて綺麗なところだなぁと思った。

自分が生まれ育った沼津の街を俯瞰して、
いつどこにいても自分の中に“沼津”があることを認識しました。

 

 

一昨年、夫と一緒に縦走した沼津アルプスは、
10年前に感じた「ちょっと大変だった」という想いは払拭されて、
街中にある低山、だのにハイキングした感満載! 

沼津アルプスって、もっと注目されてもいいコースなのになぁって思いました(笑)

遠い記憶と新しい風景が入り混り、
自分の中の“沼津”を再確認できた山登りとなりました。

 

 

山に入ると人は自然の一部だと否応なしに感じます。
街にいては分からない正直な自分に会えます。
良い意味でも悪い意味でも。