『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2017年4月29~30日キャンプdeハイク@一の瀬高原キャンプ場~笠取山ハイク

GWのはじまり、4月29日、30日に開催した

ちょい山CLUB初のキャンプとハイクを行うイベント『キャンプdeハイク』。

場所は山梨県甲州市にある一の瀬高原キャンプ場をベースにしてテント1泊。

翌朝、笠取山登山口からハイクをスタートしました。

 

当初、奥多摩湖畔のキャンプ場にてデイキャンプの予定でしたが、

参加者が1名、その方が新たにテントを購入したこともあり、

キャンプ+ハイクを1泊2日に行うことに変更しました。

 

今回のように、人数、参加者の全員の希望によって、

またはグループでのオーダーに対応してカスタムして

ハイク、キャンプの企画も受付けておりますので、お問合せください!

 

さぁ、スタートです。

一の瀬高原キャンプ場は、GWでも空いていて、自然のパワーの濃いところです。

最近の至れり尽くせりキャンプ場と正反対、

トイレはボットン、シャワーやお風呂はなく、アクセスもガタガタな林道から行かなくてはならず、ビギナーにはちょっと敷居が高いです。

でもだからこそ、緑濃く、多摩川支流の美しい沢が場内を流れ、

日本の山間部の里山の美しさが際立っています。

 

キャンプの必需品、テント。

右が参加したNさんのNEWテント。

ビッグアグネス/フライクリークHV UL1EX。

総重量1040gの超軽量、しかし広々半自立型のテントです。

日本仕様となっていて、通常仕様のインナーテントのメッシュ部分が排され、

ナイロン生地のパネルとなっています。

雨、湿度の高い日本で、フライシートの内側が結露して

インナーテントのメッシュから水が滴り落ちることを防いでくれます。

寒がりな女性は、防寒にもなります。

 

軽さが自慢ですが、その分生地が薄いので、

破れ、破損の心配があり、フロアの下に

きちんとエマージェンシーシートを敷いて予防したのですが・・・

カットされた笹の茎が地面に残っていたことに気が付かず、

翌朝フロアに穴が・・・

 

ちなみに左のマウンテンハードウェア/ライトウェッジ2J

2人用テントで、重さは3キロ弱・・・15年近く、キャンプでのみ使用している

ボクのテントです。

一時、やや劣化を感じましたが、

頻繁に使うようになったら、軽いベタつきはなくなり、まだまだ元気です。

就寝時にフロア下にカットされた茎があることに気が付き、

その上に乗らないように寝る場所を変更。

生地が厚いこともあり、穴は開きませんでした。

 

そうした、細心さが必要なことを伝えなかったことも、

フライクリークに穴が開いてしまった要因かも・・・。

フライクリークに限らず、テントで寝る場合には、

常に細心の注意を払うことを、忘れずにいてください。

ほんの少しの注意で、大抵のトラブルは防げます。

 

 

キャンプの夜の楽しみは、焚き火です。

山のテント場ではできませんが、

キャンプ場泊でハイクすれば、夜も十分に楽しめます。

さらにココ、一の瀬高原キャンプ場は、直火OK!

焚き火台がなくても、焚き火のあたたかい火に当たれます。

今回は焚き火で煮炊きもしたかったので、

ボクらは焚き火台を使いました。

 

ちなみに標高1000m近くあり、

夜の気温は5度くらいで、焚き火がとっても気持ちよかったです。

 

こちらは夕飯。

ポトフとタラ、エリンギ、ワケギのバターソテー、

そして奥多摩・二俣尾にある
『noco』というパン屋&カフェのパンがとっても美味しく、ボクの簡単時短料理を引き立ててくれました。
秩父ワインも美味しく、奥多摩界隈でのキャンプの際の、定番になりそうな組み合わせです。

 

キャンプ場のブナやミズナラなどの木の上の方に見られる

丸い緑の塊は、ヤドリギという寄生植物です。

ヨーロッパでは幸運の象徴となっているようです。

春、新緑前の森で、なんともやさしさを感じられる風景です。

 

さぁ、キャンプの翌日は、ハイクのはじまりです。

標高1953mの笠取山を目指します。

 

この山は東京都の水源の森になっていて、トレイルは幅が広く、森はよく手入れされていて、歩くのが楽しくなります。

 

新緑前のカラマツの容姿が美しいです。

ちなみに一の瀬高原キャンプ場あたりも

今年は春の訪れが遅く、まだサクラが咲いていませんでした。

新緑は5月中旬以降頃になるのか?

 

 標高が上げると、ダケカンバやミズナラなどの広葉樹が増えてきます。

トレイル、広いです。

 

 

ランチはいつものリフィルタイプのカップラーメン。

湯沸かしに使用したのは、国内ストーブ・ブランドの雄、

SOTOのマイクロレギュレーターストーブ(73g)、アルミクッカーセットM(198g)、そしてフィールドホッパーというコンパクト・テーブル(395g)です。

マイクロレギュレーターストーブは低温下でも火力が弱まりにくく、

アルミクッカーセットMは大1ℓ、小0.5ℓの容量で、湯沸かしだけでなく、1人分の簡単な料理にも対応してくれます。ガス缶も250、110サイズのどちらか1つ、そしてマイクロレギュレーターストーブもクッカー内に収納できます。

フィールドホッパーは、写真のように落ち葉に埋もれた場所でも地面を焦がさずにストーブを使用する台としても活用できます。もちろん食事の際には、テーブルとして使用。水平が保てる場所なら、直置きよりも安心して食事ができます。

 

湯沸かしの速さなら熱効率のよいジェットボイルが勝りますが、軽さを重視するなら、このストーブとクッカーのセットを選ぶとよいです。蛇腹状に畳めるシートゥサミットのXカップも収納すれば、汁もの、ごはんやおかず、お茶を、同時にこのセットで頂けます。

ちなみにアミカスというエントリーモデルの81gのストーブとクッカーセットMがセットになった、アミカス クッカーコンボという商品もあり、¥5537とビギナーにはお手頃なセットもあります。

 

これはマイクロレギュレーターストーブ(¥6600)とクッカーセットM(¥2300)を組み合わせたもの。テーブルのフィールドホッパーは¥5000。

 

ランチの後はハイク、リスタート。

標高が1800mくらいになる、小さな谷に雪がまだ残っていました。

 

雪解けの水が入った谷で水を補給。

地図では水場に指定されていませんが、

上部に人工物がないので、飲んでも大丈夫。

心配な方は、携帯浄水器や煮沸して飲んでください。

 

本当にフカフカの苔の絨毯。

広葉樹の森ですが、所々にある針葉樹、モミなどの木のまわりに

深い苔の森が広がっていました。

この苔の森も、保水に大きな役割を果たしているんだと思います。

 

 

そして随所に現れる古木。

 

名前を付けられるような巨木ではないですが、

名もなき古木の佇まいは、ニンゲンにやさしさを伝えてくれます。

 

街ではあまりにも早く過ぎ去るジカンですが、

古木のまわりのジカンはゆっくり。

コレこそが本当のジカン。

ジカンは、やさしさに通じるものなのかもしれません。

 

笠取山山頂付近からの富士山。

春霞に包まれ、青い空に溶け込んだ姿。

ここからの富士には優美さがありました。

 

 

今回のハイクでは、ジカンを強く想いました。

東京の西の端、多摩川へとつながる源流部。

その一滴が冬を越え、春に流れ落ちる一瞬の連続が、

大きな流れとなってトーキョーを支えています。

一滴、一瞬を支えるのは、

多種多様、大小の自然の重なりでした。

そこにはニンゲンの手が入り、

活かし生かされている関係がありました。

すべての物事に理由があるのだとしたら、

ボクらがこの日、この場所を訪れた理由はなんなのでしょう?

山頂にたどり着くという目的の前後左右に、

ジカンが重層的に積み重なった自然がありました。

ニンゲンの巣ともいえる街から離れた場所で

今日、今、この時も、一滴、一瞬が連続している事実を想像してみれば、

それは目の前のボクのジカンにも通じていることに、気が付けました。

 

 

【募集中のツアー・イベント】

  

【お問い合わせ先】
HP
https://cyoiyamaclub.wixsite.com/cyoiyamaclub
 cyoiyama.club@gmail.com