読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

一枚の写真~ニリンソウ~

贅沢ってなんなのだ?

春は淡い彩りとやわらかな光でボクらに語りかけてきました
よく干された落ち葉の布団でゴロ寝していると

芽吹いた緑の鮮やかなブナの木の高いところから

シジュウカラが歌声にのせて教えてくれました
ケンキョ、ケンキョ、ケンキョ、ケンキョ、ケンキョ

キセキ、キセキ、キセキ、キセキ
あまい香りのするお日様の光は

すっかり寝息をたてはじめたボクの瞼の裏のスクリーンに

ぼんやりとほのかに光るものを映し出しました
キミが美しいと思うものを見せたよ
お日様はさわやかな風に

そうコトバをのせると

間もなくして薄い雲の暖簾をおろして

ボクと同じように昼寝をはじめました
まどろみのなかで

コトバがゆっくりと踊っています
ボクが美しいと思うもの・・・ キセキ・・・ ケンキョ・・・ 贅沢・・・ 耳元でカサカサカッサン、コソコソコッソンと

なにかが移動している音が聞こえてきました
今日はどこまでいこうかな
そうなにかが呟いたような気がした瞬間

あっ、なんだ、そういうことか! と気が付きました

ボクはすっくと起き上がって

それら全部が詰まっている

つまり、美しいもの、謙虚、奇跡、または軌跡、そして贅沢

それらが全部詰まっている

この旅の続きをはじめるため

ふたたび歩きはじめました
そして歩き出してすぐに出合ったもの

それが岩陰でぼんやりとほのかに光る

ニリンソウでした