『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2017年5月20日(土)~21日(日) 富士・西湖キャンプ&ハイクレポート

案内人のPONCHOです。

 

週末に開催したキャンプdeハイクのレポートです。

 

場所は富士五湖のひとつ、西湖でした。

付近のキャンプ場は予約なしのところが多く、

別のキャンプ場のオープン時間に我々スタッフは早めに到着したものの・・・

なんと貸し切り。

そこで以前に利用したことのあるココに急遽変更しました。

結果的に、キャンパーは少なく、景色もよい場所で過ごせたのですが、

参加者の方々には変更に対応いただき、申し訳ありませんでした。

f:id:cyoiyamaclub:20170522175756j:plain

 

参加者の方々が到着後、張っていたタープ下でコーヒータイム。

同時に湯沸かしに使っていたストーブに興味を持って頂いたところから

トーブの解説を開始。

 

山で湯沸かしだけならジェットボイルがよい。

キャンプやバーベキュー等、いろいろ使えるのはSOTOのレギュレーターストーブがよし。

山に持って行くには少し重いけれど、大人数のハイク、またはキャンプメインなら低重心で大鍋を載せられる分離型がよい。

ちょっと変わり種なら、トランギアのストームクッカーと呼ぶ、アルコールストーブのクッカーセットがよいとか。

 

紹介したストーブも含め、改めておすすめのストーブをこのブログにて近々アップしますので、お待ちください!

 

トーブ解説の後は、近くの野鳥の森公園から青木ヶ原樹海をお散歩。

本当は紅葉台、三湖台の予定でしたが、参加者の皆さんが樹海を歩きたいということで

急遽、予定を変更!

 

その野鳥の森公園からの富士山。

f:id:cyoiyamaclub:20170522181322j:plain

 

樹海歩きで出合ったのが、英(はなぶさ)という氷穴。

付近の集落が昔利用していた天然の冷蔵庫です。

写真だと上から見た感じがわかりにくいですが・・・

f:id:cyoiyamaclub:20170522181404j:plain

 

中から見上げるとこんな感じ。皆さんが立っている上部でも

風向きによって冷気がやってきます。

なんだかいい気が流れている感じもあり、

皆さんの表情がみるみる変わっていくのがわかります。

f:id:cyoiyamaclub:20170522181634j:plain

 

そして参加者の方にも下に来て頂くと、声を揃えて

「ヒンヤリする~!」と大興奮。

f:id:cyoiyamaclub:20170522181608j:plain

 

そしてこの奥が氷穴。

雪が解け残っていて、その冷たさをさらに実感!

f:id:cyoiyamaclub:20170522182015j:plain

 

屋久島に行ったことのある方は、「屋久島ってホントにこんな感じ」と、興奮気味に話してくれ、「ココもすごいステキ!」と楽しんでいました。

溶岩が冷えた岩壁に囲まれた場所。いい磁力が働いているのかもしれません。

f:id:cyoiyamaclub:20170522182156j:plain

 

樹海のトレイルは、晴れた日だったから新緑がより美しく

f:id:cyoiyamaclub:20170522182503j:plain

 

樹海の暗いイメージにコワさを語っていた皆さんの足取りはとても軽くなり

f:id:cyoiyamaclub:20170522182555j:plain

 

キラキラした風景のなかの時間を短いけれども満喫できました。

f:id:cyoiyamaclub:20170522182639j:plain

 

サイトに戻ってからは、ランチづくり。

本当はその間にヨガを予定していたのですが、

樹海、そして氷穴のエネルギーを十分に感じたから

「まったり時間でもいい」ということで、

タープ下で皆さんはまったり。

ボクはホットサンドとミネストローネづくり。

料理の写真は・・・調理に夢中になりすぎて忘れました。

 

でも後から妻CHIKAKOに指摘されたのですが、

ボクだけが作るのではなく、皆さんも作ってみたかったのでは・・・と。

なるほど次回以降、そうした企画も用意しますね。

ちなみにナスをカットしていますが、

色が変わりやすいナス以外は、自宅でカットして持ってきているので、

それほど調理時間は掛かっておりません。

皆さんがヨガをやっている予定だったので、

ミネストローネはちょっと煮込み時間が少なく、

コクがちょっと足りませんでしたが・・・すみません。

f:id:cyoiyamaclub:20170522182826j:plain

 

ランチの後は、山用テントの解説。

実際に設営して、自立型、非自立型、スリーブにポールを通すタイプ、フックで吊り下げるタイプ、短辺側に出入り口、長辺側に出入り口があるテントの違い等々。

 

ボクの手持ちのテントに加えて、昨年お買い物相談で購入した参加者のひとりの最新テントも見させてもらいました。

 

一番人気はライペンのトレックライズ。

ボクのメインテント、重さ700g、非自立型のシートゥサミットのスペシャリスト・ソロが一番いいかもという女性がいたことに、ちょっと驚き。多くの人は設営が面倒と敬遠するのですが・・・

 

今回の皆さんの要望、意見を踏まえ、テントも近々このブログにておすすめを紹介しますので、お楽しみに!

f:id:cyoiyamaclub:20170522183538j:plain

 

西湖の向こうに夕陽が沈む頃、1日目は終了。

残ったひとりと温泉に行き、焚き火をして、簡単な夕飯を食べて、おやすみなさい。

f:id:cyoiyamaclub:20170522184311j:plain

 

2日目は、起きてからしばらくまったり。

お茶して、おしゃべりして、サイトを撤収してのんびりと

紅葉台、三湖台へ。

 

こちらも新緑がきれい。

f:id:cyoiyamaclub:20170522184452j:plain

 

いつものちょい山CLUBと違って、

この日はゆったりのんびり歩きなので、

こんなことをする余裕もありました。

f:id:cyoiyamaclub:20170522184504j:plain

 

そして三湖台から到着。

これは昨日少し歩いた青木ヶ原樹海を上から見たところ。

f:id:cyoiyamaclub:20170522184528j:plain

 

三湖台からの富士山。

f:id:cyoiyamaclub:20170522184536j:plain

 

そしてトレイルで見つけた美しい風景。

 

 

最後は木曽馬の牧場を覗いて終了。

 

 

今回は、参加された皆さんの意見に応じて

予定をいろいろ変えてみました。

通常のハイク時にはなかなか難しいのですが、

キャンプでなら、そうしたことも可能です。

今後はリクエストベースでキャンプdeハイクは開催予定なので、

申し込み後にいろいろリクエストを頂いて、

予定を組んでいければと思います。

 

では、今回参加された皆さん、お疲れさまでした。

また、山で会いましょう!!

 

 

 

【募集中のツアー・イベント】

  

【お問い合わせ先】
HP
https://cyoiyamaclub.wixsite.com/cyoiyamaclub
 cyoiyama.club@gmail.com