『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

トレーニング日誌~2018年その1~

案内人のPONCHOです。

 

今年初めてのレースは、ロード。

初めてのハーフ。

3月4日に開催された地元の市川に6月開通予定の

外環道工事区間ラソン

 

半地下と聞いていましたが、

実際には地下。

風の影響まったく受けない

室内競技のようなハーフマラソンでした。

 

結果は1時間37分42秒。ネットタイムで1時間37分08秒。

目標を100分(1時間40分)にして、昨年末からクリアするための

方法をいろいろ模索。

1キロ4分目安に全力ラン×4回、合間に500mのジョグ

500m、250m、100mのダッシュ

 

インターバルトレーニングやスピード練習のような感じだけれど、

目的はどうにもカラダが動かなくなった状態で、

どうしたらカラダを動かす、動けるようにするか。

だからすべてその時の全力走。

 

このランを週に2回、

体力と時間に余裕があれば10キロの全力ランを1回。

月間走行距離や目標タイム等、数字は一切気にしない。

結果的に速く走れればうれしいけれど、

それに一喜一憂しない。

気にするのは、どのように走るとカラダが動きやすいかの模索。

腕の振り方、足の回転数、着地の際の足裏、重心の位置、上半身の脱力・・・等々。

そしてどこまで全力を出し切れるか。

そのために1キロ走る度に心拍数が上がり過ぎて倒れ込み、

道行く人に奇妙がられた・・・。

 

しかしハーフマラソンの走り、結果を見る限り、

よい方向に向かっているようだ。