『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2019年8月24日(土)日光・竜頭の滝~中禅寺湖~小田代ヶ原~戦場ヶ原~竜頭の滝・レポート

案内人のPONCHOです。

24日(土)に開催した奥日光のレポートです。

 

出発は竜頭の滝から。

これは竜頭の滝茶屋からの風景です。

茶屋からのこの滝が竜頭の滝だと思いがちですが、これ、最下部。

ハイクの最後に、これ以上の風景が待っていることを、参加者はまだ知りません。

 

中禅寺湖畔ハイクは、キモチのよい高台から。カヤックがいくつも出ていて、毎回話していますが、自分のカヤックでも来てみたいなぁと・・・早く実現しないと、ジィさんになってしまいます。

 

途中にはいくつか見晴らしのよい場所があります。

 

緑もかなり濃くて、パワーが満ちている場所です。

 

 

湖畔トレイルはよく整備されていますが、時々昨年の台風の爪痕も残っていました。

 

木階段もあり、太った人は通れないんじゃないかという狭さの場所もあります。

 

 

途中、岩の上によじ登ると・・・

 

こんな景色。見た目はまだ夏ですが、気配はすでに秋です。

 

一気に山を下り、湖畔へ。

 

ここが最初の目的地。

 

この透明な水辺で、ランチ。

ヨガもしようと思いましたが・・・

 

シャバーサナ、いやお昼寝が最高です。

 

お昼寝の後は、千手ヶ浜まで、美しいモノを見つけながら、寄り道しながら、進みました。

 

湖畔ハイクはここまで。低公害バスに乗って、まるで違う風景が待っている小田代ヶ原へ!

 

小田代ヶ原に入ると、すぐに見えるのが貴婦人と呼ばれる白樺です。小田代ヶ原のシンボルです。

 

草原に変わりつつある湿原は、木道歩き。湖畔とはまるで異なる風景が待っています。

 

写真に撮りたくなる小花や草木、風景が目白押しで、なかなか前に進めません。

 

 

小田代ヶ原と戦場ヶ原を結ぶのは、一転して大きな木々の森。

 

ここは泉門池。木製テーブル&チェアが並んでいて、休憩にぴったり。

 

そして戦場ヶ原は、秋がはじまっていました。

 

戦場ヶ原の中を流れる湯川。関東随一の美しく、静かな流れです。

 

湯川の流れは少しずつ賑やかになり・・・

 

勢いを増し・・・

 

ドーンと落ち込みます!

 

 

今年は雨が多かったからか、水量が多く、ボクは大興奮! という感じで自撮り。

 

これが竜頭の滝。

最初の茶屋で見た印象とは違い、大きくて神々しい雰囲気でした!

 

日光というと、小学生の林間学校で行く場所でしょ・・・

という方も多いのですが、大人になってハイクしてみると、

子供の頃は、なにを見ていたんだろうかと、驚く景色ばかりです。

湖畔でやさしさ、湿原ではかさな、滝で強さを感じ、

1日でこれほど多様な景色を楽しめる場所は、他にはないと

改めて感じました。

日光、奥深いところです。

 

それでは皆さん、またどこかの山で会いましょう!

f:id:cyoiyamaclub:20190830175447j:plain