『ちょい山CLUB』

アウトドアのフリーランスライター、編集者で、低山ハイクとヨガをMIXしたツアー・イベント『ちょい山CLUB』の主宰のPONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

ボクが影響を受けた本・雑誌④


4/『OUTDOOR EQUIPMENT』VOL.4


『志田の好きなものがいっぱい出ているよ』とこのアウトドア雑誌を友人から渡されたことが、振り返ってみれば、私がライターになったきっかけです。


この雑誌を読み、会社を辞め、編集部に入れてもらい、間もなくライターになる決心をしました。


この号には『気に入った土地をさがして住んでみること』と題された田渕義雄さんのコラムがあります。


その文末。


"自然がそうであるように、人の世にもいろんな道があり、さまざまな人生がある。



金を稼ぐことが仕事なのではない。



自分らしく、よりよく生きることが仕事だ。



自分を諦めてしまうことは、自由からの逃亡だ。



逃げるんじゃない。



みつめるんだ。



キャンプの夜の森の暗さが、いつもそう言ってる"

 



今では「自分らしく」なんてちっとも思いません。

むしろ自分らしさを追い求めることは、不自由だと考えるようになりました。

多くの自然を見て、体験して、学び、教えてもらったことは、孤立を恐れない前向きさです。

「逃げるんじゃない。みつめるんだ」とは、孤独とトモダチになる方法なんだと思っています。

まだまだ孤独とトモダチには、なりきれていない弱虫ですが・・・。



f:id:cyoiyamaclub:20200529171815j:image