『ちょい山CLUB』

アウトドアのフリーランスライター、編集者で、低山ハイクとヨガをMIXしたツアー・イベント『ちょい山CLUB』の主宰のPONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2020年11月14日(土)伊豆大島・三原山ハイク・レポート

案内人のPONCHOです。

今回はちょい山CLUB発の離島でのイベント。

伊豆大島三原山ハイクレポートです。

 

前泊して参加、イベント後に後泊、そして前日フェリー発大島早朝着で午後2時35分出港の高速船で帰京する0泊2日の弾丸組と、それぞれの都合に合わせて、全5名が参加してくれました!

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115103436j:plain

大型客船あぜりあ丸が大島・岡田港に到着した時間は、6時。
雲ひとつない空は朝焼けして、朱色と濃紺のグラデーション。

その美しさは、大島に歓迎されている気分です。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115104650j:plain

三原山山頂の少し手前、大島温泉ホテルからスタート。

すぐに樹海と呼ばれる森歩き。
伊豆の天城山になるアセビに似た木々のトンネル。
伊豆大島のすぐ隣は伊豆半島、植生が似ています。

f:id:cyoiyamaclub:20201115110745j:plain

そしてトンネルを抜けると、朝陽を受けたススキ野原です。
多くのススキ野原は観光客で混雑していますが、
早朝ということもあって、この美しさを私たちだけで満喫できました。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115111022j:plain

 そしてススキ野原の向こうには、凛とした青い空の衣を纏った三原山です。
しかし「あそこに登るんですよね? 随分遠くないですか?」
という不安の声が聞こえてきました・・・。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115111551j:plain

歩く程に、景色は次々と変化していきます。
ココ三原山は、島の中心部にギュッと大地の変化が詰め込まれています。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115111755j:plain

ススキ野原の中に、溶岩の奇岩群が現われてました。

光と影、破壊と再生、諸行無常・・・。

なにかが現われるまでの、ほんのひととき。

地球、または宇宙の途方もない時空の流れを想えば、

私たちも、この自然も、ほんのひとときを表現するものなのです。

 

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115113208j:plain

ススキの穂のキラキラと

吹き抜ける風の間を

私たちの笑顔が揺れていました。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115114008j:plain

空と大地と海。
美しさに抱かれるシアワセ。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115141609j:plain

小さな島の中で、星を意識する瞬間が続きました。
私たちが暮らすトーキョーのすぐ傍に
私たちが忘れてしまった
しかしとても大事な感覚がありました。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115142448j:plain

高度を上げていくと、 遂に噴火口が見えてきました。
1986年の噴火以降も、この火山はまだまだ活動を続けているのです。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115143423j:plain

トレイル脇に水蒸気が上がっている場所が。
そっと触ってみると、ほんのり、あたたかい。
温泉のようです。
生きている地球を、触れて確かめられます。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115143709j:plain

 そして噴煙が上がるすぐ上を、歩けます。
お願いだから、今噴火するのだけはやめてね・・・
そう思いながら、進みました。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115144033j:plain

内輪山の上を歩けば
相模灘の向こうに伊豆半島、富士山、丹沢、房総半島を見渡せます。
そして遠くには南アルプスの山並みも!

特に海越しに見る富士山の姿は新鮮。
海の広がりのせいか、なんだか少し小さく、低く見えます。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115144441j:plain

地球内部のエネルギーが放出される火口。

そこはやはり時の流れが、麓や街とは違います。

エネルギーを放出しているはずなのに

私たちのちっぽけな悩みや邪念を

吸い込んでいるようにも思えます。

ただそばに立つだけで

気分がキレイさっぱりしてくるから、不思議です。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115145258j:plain
さぁ、今度は砂漠へと下ります。

PONCHOが道を間違えて、少し遠回りしましたが・・・。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115145355j:plain

大島は『ジオパーク』という名前が付いていますが、まさにジオラマ的。
少し移動すると、まるで違う風景が待っています。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115145701j:plain

ココは幻の池。等間隔に並べられたような石と岩。
意志があるような、自然の造形。
不規則な規則性。
私たちが心地よいと感じる距離感。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115150139j:plain

地球を感じる大きな時間の流れが、目の前に広がっていました。
広い視野は、遠い目線を生み、今なぜココにいて、これからどこへ向かうべきか、
ぼんやりと考えるきっかけを与えてくれたようです。

私の場合なら、もっと多くの風景を見なければならない!

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115150401j:plain

私たちは美しい景色の一部でした。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115150716j:plain

私たちは光の波のなかを泳いでいたのでした。

 

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115151039j:plain

私たちは感じることを改めて学びました。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115151318j:plain

私たちは地球のエネルギーを間違いなく取り込みました。しかも、強く!

 

f:id:cyoiyamaclub:20201115151623j:plain

街に下りてきて驚いたのは、
街に流れている時間と
自分の中の流れている時間が
すっかり違っていたことでした。
ジンセイが変わるかどうかなんてわかりません。
でも、今回の山旅で、私たちにとって大事なものはなにか。
それが、これまでよりくっきりしたことは確かだと思います。

 

f:id:cyoiyamaclub:20201116165436p:plain

 

また、どこかの山で、素晴らしい時間を共有しましょう!!

【募集締切】新スケジュール 2020年11月14日(土)伊豆大島・三原山で砂漠ハイク&地球を感じるヨガ 

 

以下の通りに、伊豆大島三原山ハイクのスケジュール、コースを変更しました。
またフェリー内、ツアー中の注意事項も記しました。
 
●14日のスケジュール
06:00 大島着
06:10 フェリー到着に合わせた早朝バスに乗車。出発時刻が決まっているバスではないので、早めの下船と移動をお願いします。
     レンタカー利用の方は、借りに行ってください。
06:30 バス、大島温泉ホテル着
    各自朝食やトイレ等
    レンタカー組、合流
07:00 ハイクスタート
    ホテルコース
08:15 お鉢着
    お鉢巡り
09:00 トイレ
10:30 櫛形山第2展望台
    ヨガ&食事休憩
11:30 スタート
12:30 大島温泉ホテル着
     解散 
13:00頃 帰京組はタクシーで入港地へ
     港のターミナル付近で各自昼食やお土産購入
14:25 東京行き高速船入港
14:35 東京行き高速船出港
16:20 東京・竹芝桟橋
 
①スタート&ゴールを、大島温泉ホテルにします。
前泊&後泊でレンタカーを借りたい方は、大島温泉ホテルの駐車場にレンタカーを停めて参加ください。
当日朝にレンタカーを借りてくる参加者の方もいらっしゃるので、その方達の到着を待って、ハイクスタートとします。スタート予定は7:00時頃を予定しています。
 
それまでに各自、ホテルの庭等で朝食を済ませるか、あらかじめフェリー内で朝食を済ませておいてください。
 
フェリー内のレストランは早朝の営業をしていません。カップヌードルや軽食の自販機はあります。きちんとしたものを食べたい方は、乗船前に朝食と昼食を購入、用意しておいた方がよいです。
 
②当初は大島公園をゴールにしていましたが、
ゴールを大島温泉に変更。そこで解散とします。
帰京組は、タクシーを呼んで入港地へと向かいます。
タクシー代は2300円くらいだそうです。
 
③ちなみに大型客船の2等は、WI-FIが通じません。1等やレストラン付近では通じます。
高速船は全席WI-FIが通じるようです。
 
 

【募集締切】2020年11月13日(金)出発、翌14日(土)伊豆大島・三原山で砂漠ハイク&地球を感じるヨガ

案内人のPONCHOです。
ご案内が間際で申し訳ありませんが、来月11月14日(土)に、ちょい山CLUBでは初の伊豆大島三原山でのツアーイベントを開催することにしました。

f:id:cyoiyamaclub:20201026191122j:plain

三原山は1986年に噴火。火口と外輪山付近は、現在、緑が再生される途中です。
そして噴火した砂礫の砂漠や固まった溶岩が林立。
地球は生きているんだ!ということを見て、感じられる場所です。

f:id:cyoiyamaclub:20201026191328j:plain

富士山の御殿場口に近い雰囲気がありますが、
しかしココは洋上の離島。
火口付近や高台からは海まで見渡せ、吹き抜ける風、広がりのある空は、
三原山でしか味わえない風景です。

f:id:cyoiyamaclub:20201026191417j:plain

また、静けさも特別です。
それは自分の鼓動が聞こえてきそうな、静けさでした。

f:id:cyoiyamaclub:20201026191458j:plain

 大地、地球、そして宇宙を想う場所を歩き、そしてヨガをしてみれば、
きっと、これまでにない感覚を得られるんじゃないかと想像しています。

 

集合場所
2020年11月13日(金) 
午後10時 東京・竹芝桟橋発の東海汽船 大島行き・さるびあ丸乗船
※詳細は、参加者に追ってお知らせします。

 

対象者:登山をはじめたい、一緒に行く人がいないくて・・・という登山初心者さん。

島の山を登ってみたい、砂漠を歩いてみたいという方。


定員:6名(最少催行1名)

ツアー・イベント料金:5,000円

(コーディネート&イベント代、ヨガレッスン代、お買い物相談代、1日山岳保険料含む)
※往復の交通費、飲食代等は各自負担となります

※お買い物相談の詳細は、この投稿の末尾をご覧ください

※ヨガは天候、スケジュールによっては、時間短縮、中止の場合があります。

 

スケジュール
13日(金)
22:00 東京・竹芝桟橋より大島行き・さるびあ丸乗船

14日(土)
06:00 大島着
06:10 バス乗車 現金のみ650円
06:30 大島温泉ホテル着 
06:45 ハイク・スタート
08:15 山頂お鉢巡り
09:15 お鉢巡り終了
09:45 ヨガ
10:15 ハイク・再開
11:45 大島公園着

12:00 大島公園 バス乗車 現金のみ570円
12:30 元町港着
    12:45 大島公園からバス乗車の可能性もあり
    その場合は、13:15元町港着 港の食堂等で昼食
      昼食
14:35 ジェット船 出港
16:40 東京・竹芝桟橋

 ※前泊、後泊されても問題ありません。
その場合は、待ち合わせ場所やスケジュールを、申込み後に調整しましょう。

◆予約:Contactよりお申込みください。

 

◆参加条件:今回は、これまでちょい山CLUBとヨガチカに参加された方、また参加された方の知り合いに限らせて頂きます。

防寒着、レインウエア上下、トレッキング・シューズバックパック(リュックサック)、ヘッドライト、寒がりな方は手袋も、必ず装備してください。
体力温存のためにトレッキングポールをお持ちの方は、持参ください。先着2名様までは、貸出も可能です。


◆装備:水(1リットル)、チョコやお菓子等の行動食。
※当日はストーブで湯を沸かせるようにします。スープ、コーヒー等を召し上がりたい方は、ご利用ください。水はちょい山CLUBで用意します。

 

◆お買い物相談とは?

装備するウエアや道具選びに迷い解消のため、アウトドアや登山雑誌で執筆、スタリングしてきた経験を活かし、案内人 PONCHO/志田がメールでご相談にのります! 欲しいアイテムに合わせて、こんなウエアや道具がオススメという解説つきのリスト等も返事します。相談はツアー料金振込確認後、翌日からツアー開催前日までです。

 

◆雨天の場合:森歩きとなり、木々が雨を弱めてくれるので、小雨でもツアーは決行します。

  ちょい山CLUBホームページ