『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

アウトドアの旅では、火は必需品です!

案内人のPONCHOです。

ガスストーブの火がが着火できなかったこと、ありませんか?

私の経験だと2000mくらいから、ガスストーブに装備されている

圧電点火装置の火が飛ばなくなりがちです。

そんな時に、どうしたらよいか?

ライターで火を点ける? 気温が低いとガスが聞かせず火がつかないことも・・・

電子式だとガスストーブ同様に点火装置が機能せず・・・

マッチを持っていたけれど風が強くてすぐに消えてしまった・・・

という経験を踏まえて、ガスストーブに着火するのに役立つ器具を集めてみました。

下記を是非、読んでみてください!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

yamahack.com

クッカーにストーブ、カップ、カトラリーを収納するオールインワンのスタッキング

案内人のPONCHOです。

スタッキング=クッカー等に調理器具をスッキリ収納する組み合わせ方法です。

市販されているクッカーとストーブの組み合わせなら、ジェットボイルが秀逸です。

でもジェットボイルには、カップもカトラリー(スプーンや箸等のこと)も収納できません。

軽量コンパクトなアルコールストーブや固形燃料ストーブを使ったスタッキングではなく、煮炊きに多くのハイカーが使っているガスストーブで、ジェットボイルより軽く、しかもガス缶、ストーブだけでなく、カップもカトラリーも収納できるスタッキングを試行錯誤すること1ヶ月。

いくつかの答えに辿り着きました。中にはガス缶を収納しない例もありますが、すぐに使えるTIPSがいろいろありますと思われます。

是非、下記のWEBマガジンをお読みください!

f:id:cyoiyamaclub:20190118104909j:plain

 

【記事はコチラ↓↓↓↓】

yamahack.com

寒い季節に欲しくなる、サーモボトルをテストしました!

案内人のPONCHOです。

寒い季節の山で、街で使いたいサーモボトル=保冷・保温水筒。

実際にテストした記事がWEBマガジンで公開されています。

 

保温性能も気になりますが、私はデザインが気に入った、

SIGGのサーモボトルを、購入するとしたら、選びます。

が、もう10年近く使っているサーモスのボトルが壊れそうにないので、

いやたぶん紛失以外では新規購入の機会はないので、

まだまだ先のことになりそうです。

 

またトレイルランや普段のランニング、サイクリングでは

軽量なキャメルバックのサーモボトルを使っています。

樹脂製なので保冷・保温能力は低く、耐熱温度は70℃。

ランニング中にアツアツの湯は不要なので、冬でもこれで充分です。

樹脂製は劣化が心配ですが、下の写真の前のモデルも使用していて、

こちらもそろそろ10年経ちますが、まだ大丈夫そうです。

f:id:cyoiyamaclub:20190116133715j:plain

 

【記事はコチラ↓↓↓↓↓】

yamahack.com