読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

一枚の写真~偶然~

誰かと
ではなく
キミと
同じ時を過ごす
仮想でも
リアルでもなく
偶然を信じる
なぜなのかは
下山後に
温泉であったまり
ハイカーで混雑した
里山バスに揺られている頃
気が付くだろう
この春を
あと何回一緒に過ごせるだろう?
美しい1日は
今日をココロの片隅に残せれば
それでいいじゃないかと
呟いたんだ

 

https://www.instagram.com/p/BTEZO3IhVl1/

誰かとではなくキミと同じ時を過ごす仮想でもリアルでもなく偶然を信じるなぜなのかは下山後に温泉であったまりハイカーで混雑した里山バスに揺られている頃気が付くだろうこの春をあと何回一緒に過ごせるだろう?美しい1日は今日をココロの片隅に残せればそれでいいじゃないかと呟いたんだ#春 #ハイキング #詩 #ポエム #奥多摩 #spring #poem #poetry #hiking #okutama

映画鑑賞~ターシャ・テューダー 静かな水の物語~

 

 

この庭は30歳を迎えた。

30年もの歳月を経て、こういう風景になっている。

 

そう、ターシャが話すコトバが映画に出てきた。

メモを取っていないので、正確ではないけれども。

 

一方で、ターシャはこんなことも話す。

 

人生はあっという間。

だから好きなように生きるべき

 

ボクは新潟の魚沼で

コメ作り名人と呼ばれる男性のコトバを思い出した。

 

まだ40回しか作っていない。

だからまだなんにもわかってない。

 

確か、そんな意味のことを話していた。

メモを取っていないので正確ではないけれど。

 

自然、この場合、植物と寄り添う時間は、

ニンゲンが過ごすジカンとしては、

とてもゆっくりだ。

ゆっくりだけれども、

見ている傍から

葉や花が開いたり、

種がはじけ飛んだり、

葉や花びらが宙を舞う。

 

その様子、

そのジカンは、

赤ん坊が笑ったり、

這ったり、

歩いたり、

話したり、

そんなひとつひとつとよく似ている。

 

オトナはコドモを手助けし、

オトナに近づくいていくこと、

ジブンのようになることを求めている。

 

でも、植物、そして赤ん坊と

寄り添うジカンを体験してみれば

ただゆっくりとしたジカンを過ごす、

のんびりとした生活をするということではなく、

よく見て、感じて、

ココロを落ち着かせて、

しっかりと受け止めて、

できないことができるようになる喜びの大切さを知るんだろう。

できないことができるようになるとは、

動きづらくなっていたココロが動くとか、

見えていなかった足元が見えるようになるとか、

こういうものだと思っていたことが、そうではないと発見するとか、

ジブンの頭で考えていたつもりが、実は誰かの基準に沿っていたとわかるとか・・・。

 

ジカンの掛かることをすること。

効率では割り切れないことをすること。

答えが明確ではないことに取り組むこと。

そしてジブンが発見したことを、誰かに伝えていくこと。

 

自然が教えてくれることって、

子育てとか教育のためにあるのだなぁと

ぼんやり気が付いた映画でした。

この映画のベースとなっているドキュメンタリー番組は

すべて見たけれども、そんな発見のあった映画でした。

 

自然は次世代のために

今ボクらがすべきことを提示してくれているようです。

 

 

 

 

tasha-movie.jp

一枚の写真~なぜ下るの~

せっかく登ったのに
なぜ下るの?

それはね
下ればまた
登る楽しみができるからさ

それにね
登れば帰る
刹那さを想えるんだ

そんなことを楽しげに
繰り返していると
キミが
登ってみようかな
なんて呟く日が
たぶん
きっと
来るからだよ

https://www.instagram.com/p/BTGX47rhp6b/

せっかく登ったのになぜ下るの?それはね下ればまた登る楽しみができるからさそれにね登れば帰る刹那さを想えるんだそんなことを楽しげに繰り返しているとキミが登ってみようかななんて呟く日がたぶんきっと来るからだよ#春 #ハイキング #詩 ポエム #奥多摩 #spring #hiking #poetry #poem #okutama