読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

Q 山ってツラいんでしょう? A 行かないヒトはそう言います!

案内人のPONCHOです。

新しい取り組みとして、

多くのビギナーが思うだろう、

素朴な疑問に回答してみようと思います。

 

Q 山ってツラいんでしょう?

 

A どうやら、そのようです。

山に行かない、登らないヒトは、

そう思っているヒトが多いです。

 

ただ、ボクはツラいって思うことが少ないです。

肉体的にツラいことは、もちろんあります。

でも、それはその日の登山をアマくみて

準備を怠ったからだ・・・

という反省のキモチしか芽生えません。

 

山はキビシイ場所。

   ↓

だから、登らない。

 

賢明な判断です。

 

山はキビシイ場所。

   ↓

楽しめるジブンを準備する。

 

これが山の楽しさです!

 

準備とは?

 

山のチョイス。

装備のチョイス。

ジブンをトレーニング。

 

主な準備は、以上の3つ。

最初は、すべて完璧でなくても大丈夫。

むしろ、この3つを気にして

あれこれ考えるだけでもよいです。

 

なんにも準備しなくても楽しめるのは

テーマパークのアトラクションです。

 

山はアトラクションではないので

準備しないと楽しめません。

 

ところで、体力に自信のある方は

大した準備をしないでも高い山に登れます。

でも、富士山や北アルプスを登って、

それで山への興味を失う・・・ということが多いです。

 

最初に書いた

『山を楽しめるジブンを準備する』こと。

それをしない、できないヒトは

山の高さや困難さに出合えても、

山の広がり、奥行、変化、やさしさには

気が付くことができないのだと思います。

 

山はツラい部分もあります。

ただボクが知っている山は

ツラい要素は10%。

残り70%は発見。

20%が反省で構成されています。

 

なので

「山はツラくない部分が、大部分を占めています」

が、正確な回答になります。

 

ところで準備、ちょい山CLUBでは、いろいろアドバイスしてますので

ツアー・イベント申し込みされた方は相談ください!

 

それでは山で会いましょう!!

 

f:id:cyoiyamaclub:20170218162738j:plain