『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

透きとおった秋空の下で ~Teva EMBER MOC 2とともに~

 透きとおった秋空の下へ向かった。

そこには広がりと深さがあった。

なんだか世界がいつもより大きく見えた。

秋の風景にはいつだって

キラキラした光が

過ぎ行く時を楽しむように

浮かんでいる。

だから、晴れていれば、何度でも、毎日でも会いたくなる。

夏から秋、秋から冬へ。

お日様の光は弱まっていくけれども

確かに私たちを照らしている。

それはやわらかな光のブランケット。

気が付いたら包まれていた

やさしい記憶のなかにあるもの。 

「ようこそ! また会ったね」

光は、今日も歓迎してくれているようだ。

f:id:cyoiyamaclub:20181002122815j:plain

あの秋も出会いがあった。

静かな森の中は

手のひらですくえそうな光と

カサコソとおしゃべりな落ち葉のモザイク模様。

積み重なっている時間を

足裏で夢想しながら、進んでいた。

すると雪をかぶりはじめた遠くの山から

駆け足でやってきた風が、そっと、囁いたんだ。

 

なんと言ったの?

風の言葉は、心に響かせれば理解できるという。

そこで、体いっぱいに、

遠い記憶を呼び覚ますように、

深く深く吸い込んでみた。

あっ、聞こえた。

「またね!」

 

 

 

秋は少し、刹那い。

でも、寂しくなんかないよ。

だって私たちは

誰もが旅の途中なんだもの。

いつだって

どこにいたって

深く息を吸い込んで

体を澄ましてみれば

気が付ける。 

 

 

だって私たちも

光や風と同じように

風景の一部なんだもの。

だから、また!

どこかの、透きとおった秋空の下で会いましょう。

 

 

 

 【Chikakoが、この秋に履いているTeva EMBER MOC 2】

夏は、どこへ行くにもTevaのサンダルがマストアイテム。
そして秋は、暖かいキルティング素材のアッパーが足に温もりを与えてくれる、

このモックシューズが新たな定番だ。

ゆったりした履き心地はリラックスできて、

ハイクの行き帰り、そしてヨガの前後に、

軽さと暖かさで足の疲れを癒してくれるもの。

https://jp.teva.com/women-shoes/ember-moc-2/1102129/Y8