『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、ひとりで登るのは不安 ・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

2018年1月28日 武蔵五日市 今熊山~金剛の滝&古民家ヨガ・レポート

案内人のPONCHOです。

 

1月28日にハイクした、武蔵五日市駅からすぐの山、

今熊山~金剛の滝、そして古民家でヨガを行った模様をレポートします。

 

スタートはバスで10分。

小峰公園から。一週間前に降った大雪が

想像以上に積もったまんまの風景に、ちょっとびっくり!

f:id:cyoiyamaclub:20180203160836j:plain

 

小峰公園を入ったところ、すぐにある神社。

狛犬の色合いが、素敵。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160845j:plain

 

八王子と五日市を結ぶ昔道の名残の庚申塔

当日、僕らが向かった今熊山の神社は、

高尾山、御岳山と並ぶ人気の山岳信仰の山だったと

今熊神社の管理人さんに伺った。

おそらく、お参りに来た昔人も、この道を通ったのだろう。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160850j:plain

 

小峰公園内の、直登階段。

心折れる風景。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160901j:plain

 

鉄塔を真下から。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160911j:plain

 

杉並木。雪が積もり、いつもより明るい。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160921j:plain

 

緩やかに下ってくると、山の中に

変電所。

ハセツネ、ハセツネ30K参加者なら、知っている風景。

ものすごく違和感があるけれど、

怖さと美しさを感じる。

 

小さな集落がある。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160928j:plain

 

今熊神社拝殿。奥の院が、これから登る、山の上にある。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160942j:plain

 

参拝の道らしい佇まい。

f:id:cyoiyamaclub:20180203160953j:plain

 

山頂手前の展望台。

日光・男体山筑波山スカイツリーが見えた。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161012j:plain

 

五日市の街並み。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161021j:plain

 

山頂直下の神社。

神社の管理人さんによると、現在の本殿が焼けた時に

移したものが祀られているそう。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161033j:plain

 

今熊神社の奥の院

下の拝殿から一緒に登ってきた管理人さんには、

今熊山、神社について、いろいろな話を伺った。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161040j:plain

 

山頂には、テーブルがあり、そこでランチ。

向こうに見えている白い雪の壁のように見えるのは、採石場

僕らの便利な暮らしを支える、自然の恵みを頂いている風景。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161046j:plain

 

湯を沸かすストーブは、その名の通り、暖を取るのにも役立つ。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161105j:plain

 

秋と冬。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161121j:plain

 

下りは北斜面。

凍結しているので、軽アイゼンを装着して進む。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161118j:plain

 

トレランで何度も通っているトレイルも、

雪が積もるだけで、見知らぬ土地のよう。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161139j:plain

 

金剛の滝へは、急な下り。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161148j:plain

 

下り切ったところに沢があり、開けた森のなかを滝へ向かう。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161157j:plain

 

凍結した金剛の滝。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161218j:plain

 

雪は風景に想像力を与えてくれる。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161240j:plain

 

金剛の滝は二段になっていて、上下を繋ぐトンネルがある。

トンネル内には大きな氷柱が下がっていた。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161227j:plain

 

沢からの登り返し。

杉の森にこぼれる光は、リズミカルな歌声のようです。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161250j:plain

 

今回、CHIKAKOと僕が装着した、チェーンスパイク。

着脱しやすく、滑らないの安定して歩ける。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161318j:plain

f:id:cyoiyamaclub:20180203161330j:plain

 

下山口にある広徳寺。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161341j:plain

 

自然の風景を頂いたことに

美しさで感謝の気持ちを表したような境内。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161359j:plain

 

さぁ、街へ下りましょう。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161408j:plain

 

ヨガを行う、リノベーションした古民家。

1階はカフェ、2階がフリースペース。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161424j:plain

 

広々としたスペース。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161431j:plain

 

入ってくる光もやさしい。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161441j:plain

 

ヨガの後は、1階のカフェで注文した飲み物で、のんびり。

f:id:cyoiyamaclub:20180203161451j:plain

 

 

 

 

f:id:cyoiyamaclub:20180203161604j:plain

 

街からすぐの里山のなかに

小さいけれど煌きにあふれた

厳粛で静逸な風景

人の気配は古(いにしえ)から今へ

自然の色彩は

秋から冬、そして春を包んでいた

全部を見ることはできないけれど

いろいろな季節、時間を体感してみたい

風景は刻々と変わりながら

そこにあるから