読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ちょい山CLUB』

PONCHOの日記

登山をはじめたい、一緒に行く人がいない・・・という山好き初心者を対象にした、首都圏近郊の低山歩きとヨガをMIXしたツアー・イベントです。 初心者の方を事前準備からサポートし、登ってみたいと思っていた山に一緒に登り、見たことのない風景、木々や山々との一体感を味わえる、ツアー・イベントを提供しています。 参加申込後、山歩きで揃えるべき基本的なウエアや道具、今持っている道具は使えるの? など、選び方の基本やアイテムの解説・リストをお教えする【お買い物相談】の特典が付きます! ひとりでは楽しめないと思っていた山を『ちょい山CLUB』で存分に楽しんで下さい!

トレイル・ランニングについて

案内人のPONCHOです。

 

明日、ハセツネ30Kというトレイル・ランニングのレースを走ります。

 

ボクはハセツネ(秋開催の奥多摩全山71.5キロを巡るレース)を、これまでに7回どうにかこうにか完走していますが、いつ頃その存在を知ったのだろうか? と過去の雑誌を見直してみました。

すると1996年の第4回大会とわかりました。

当時編集者として修業していた

「アウトドア・イクイップメント」というアウトドア雑誌で、

トレイル・ランニング・シューズの小企画を担当。

 f:id:cyoiyamaclub:20170401145359j:plain

 

 読んでみると、トレイル・ランニングというジャンルがまだ確立されていなかったからか、アドベンチャーレースで履くシューズをトレイル・ランニング・シューズとして紹介していました。

企画の中では、アドベンチャーレースのレジェンドであり、今も第一人者の田中正人さんのシューズも取り上げていました。

f:id:cyoiyamaclub:20170401145738j:plain

 

この企画を担当して、

翌月、第4回のハセツネを取材。

とんでもない人たちがいるもんだと驚き、

しかし、ジブンもいつか走ってみたい!

と思ったことを覚えています。

ボクは、まだ20代半ばだったので、

その翌年にでも勢いで出てしまったらよかったのだけれど、

いつかが訪れたのはそれから10年後、

30代半ばになってからでした。

 

ハセツネの魅力は夜のトレイルでした。

前半こそ渋滞により周囲のランナーとの競う意識が強くありますが、

ちょうど半分あたり、三頭山を越えてからは

時々追いついたり、追いつかれたりするランナーは

旅先で出会った旅仲間のような親近感が強くなってきます。

 

それと、今、ジブンがなにを意識、選択、決断すべきか等

内省のジカンになってきます。

 

トレイル・ランニングというとスポーツ=競争が目立っていますが、

そういう側面とは真逆に、

旅以上に旅らしいジカンが、レースのなかに存在しています。

それは祭とか村という日本古来からのカルチャーと共通する部分もあります。

つまり参加する全員、サポートする全員で、このイベントを作っている共有意識です。

 

旅だって、ひとりではなく、恋人や友達と一緒に旅していれば、

一緒につくっている意識を持つことは大切です。

いやひとり旅でも、山小屋やゲストハウスやトイレル上や

キャンプ場や酒場、食堂、電車、バス、フェリーで、

すれ違うような短い時間のなかでも、

その場を共有する意識があれば、よい出会いが訪れます。

 

さて、昨年からはじまったエチゴカントリートレイルという

トレイル・ランニングのレースを先ほどよくよく調べてみると、

まさに旅を感じられるレースだと感じられました。

 

6月中旬、梅雨時ではありますが、晴れることを祈って、

明日のハセツネ30Kの次は、このレースに出てみようと思います。

 

レースを共につくるキモチを持って!

 

www.echigocountrytrail.com